現在開催中のイベント
福島力写真展「粧(よそお)う 〜歌舞伎役者のメタモルフォーゼ〜
詳細はこちら
会期:平成29年4月1日(土)〜開催中
会場:新井旅館 離れ「紅葉」
※金澤翔子美術館の併設展となります。金澤翔子美術館への入館と併せてご覧下さい。
歌舞伎役者を15年に渡って撮り続けている写真家・福島力の手による、舞台登場前の役者の姿を収めた写真展です。
4人の人気役者たちが変貌する過程を垣間見ることができます。
新井旅館にゆかりの歌舞伎役者・初代中村吉右衛門の書や書簡も併せて公開しています。
沐芳コレクション 作品展
「三秋をえがく」

会期:平成29年8月7日(月)〜
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
夏の暑さはまだまだ続きそうですが、暦の上ではもう秋です。
秋の訪れを感じさせる俳句や日本画を選んで公開致します。
新井旅館登録文化財ガイドツアー
詳細はこちら
日時:毎日10:00〜、16:00〜
料金:1,500円(ドリンク付)  
ご宿泊の方は500円(ドリンクなし)
伊豆修善寺温泉の新井旅館は、平成10年に建物の歴史的価値が公に認められ、15棟が国の有形登録文化財になりました。
文化財になった建物を、文人墨客のエピソードを交えながらガイドがご案内致します。
「銀座金澤翔子美術館 修善寺」
日時:11:00-15:00 木曜休館
会場:新井旅館 離れ「山陽荘」
料金:大人600円 小学生300円

若き女流書家・金澤翔子の展示会です。
横山大観のための居室兼アトリエとして建てられた離れ「山陽荘(登録有形文化財)」に会場を移し、引き続き金澤翔子の世界をご覧頂いています。



開催予定のイベント
「秋季弘法祭/花火大会」
日時:平成29年8月21日(月) 20:15-
会場:修善寺温泉街
毎年恒例・修善寺温泉で最も大きなお祭りです。所狭しと夜店が並び、夜には花火がご覧頂けます。
間近で上がる花火は迫力満点!
ご宿泊の方のために玄関に椅子席をご用意する予定です(天候により変更が生じる場合がございます)。



終了したイベント
沐芳コレクション 作品展
「青山をゆく」

会期:平成29年5月11日(木)〜8月6日(日)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
新井旅館に遺された作品の中から、山、殊に夏山をモチーフとした作品を選んで公開しました。
横山大観の小品「霊峰不二」と、当館館主へ宛てたはがき2通も併せてご覧頂きました。
沐芳コレクション 作品展
「春を告げる花々」

会期:平成29年2月2日(金)〜5月10日(水)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
新井旅館に遺された作品の中から、梅や桃、桜など、春らしい花々を描いた日本画を選びました。
梅の花を愛したという安田靫彦の手による白梅と、その35年後に描かれた紅梅を併せて公開しました。
沐芳コレクション 作品展
「日本美術院同人合作 特別公開」

会期:平成28年12月15日(木)〜平成29年2月1日(木)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
昭和5年1月15日に新井旅館の大宴会場で描かれた席上画「日本美術院同人合作」を特別展示致しました。
横山大観を始めとする錚々たるメンバーによる寄せ書きです。
お正月恒例 餅つき大会
会期:平成29年1月1日(日)〜1月3日(火)
    9:45-11:00頃
会場:新井旅館 正面玄関
対象:新井旅館ご宿泊の方
恒例の餅つき大会を今年も開催しました。
つき上がったお餅はその場でお客様に振る舞われました。
沐芳コレクション 作品展
「館蔵品展」

会期:平成28年10月21日(金)〜12月14日(水)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
前田青邨や長野草風による秋を思わせる作品をメインに、横山大観から新井旅館館主に送られた昭和4年秋の書簡などを展示しました。
沐芳コレクション 作品展
「大観・靫彦・龍子らとあらゐ」

会期:平成28年6月17日(金)〜10月20日(木)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
静岡市美術館において、6月7日から7月10日にかけて開催された日本画展「大観・靫彦・龍子らと修善寺」に合わせて、当館のコレクションの中から関連作家の作品を公開しました。
沐芳コレクション 作品展
「あらゐゆかりの現代作家展」

会期:平成28年3月20日(土)〜6月16日(木)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
大谷まや(日本画)・大井碧水(書)・柿沼なほみ(日本画)など、かつて新井旅館で展示会を行った現代作家の作品を展示しました。
沐芳コレクション 作品展
「あらゐのお正月展」

会期:平成27年12月10日(木)〜平成28年3月19日(金)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
申年にちなみ、安田靫彦が描いた「猿」の画を3点公開するなど、所蔵品の中から新春に相応しい作品を選んで公開しました。
また、高濱虚子と尾崎紅葉の俳句も併せて展示しました。
お正月恒例 餅つき大会
会期:平成28年1月1日(金)〜1月3日(日)
    9:30-11:00頃
会場:新井旅館 正面玄関
対象:新井旅館ご宿泊の方
恒例の餅つき大会を今年も開催しました。
つき上がったお餅はその場でお客様に振る舞われました。
平成27年以前のイベントはこちら





当館おすすめの展示会情報

 近隣の美術館や当館ゆかりの作家の展示会をご紹介します。

IZU PHOTO MUSEUM
「澤田教一 故郷と戦場」
会期:平成29年9月9日(土)〜12月25日(月)
    9月・10月 10:00-17:00(16:30) 11月・12月 10:00-16:30(16:00)
会場:IZU PHOTO MUSEUM
  静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1 TEL 055-989-8783
詳細はIZU PHOTO MUSEUMウェブサイトをご覧下さい

写真家・澤田教一は、1965年に戦火の絶えないインドシナ半島に赴き、ベトナム戦争最前線での撮影を続けました。
34歳で銃弾に倒れるまでの約5年間に数々の傑作を世に送り出し、ピュリツァー賞を受賞します。
この度の展覧会では未発表のカットを含む約300点が公開されます。
佐野美術館
「虫尽くし展」
会期:平成29年9月9日(土)〜11月5日(日)
    10:00-17:00(16:30)
会場:佐野美術館
  静岡県三島市中田町1-43 TEL 055-975-7278
詳細は佐野美術館ウェブサイトをご覧下さい

虫は古来より風物詩として人々に親しまれ、美術工芸品に数多く登場してきました。
この度の展覧会では約600年前の中国・明時代に描かれた重要文化財《瓜虫図》をはじめ、怪しくも美しい古今のアートな虫たちがご覧頂けます。
MIHO MUSEUM
「夏季特別展 雪村−奇想の誕生」
会期:平成29年8月1日(火)〜9月3日(日)
    10:00-17:00(16:00)
会場:MIHO MUSEUM
  滋賀県甲賀群信楽町田代桃谷300 TEL 0748-82-3411
詳細はMIHO MUSEUMウェブサイトをご覧下さい

室町時代後期から戦国時代にかけて東国で活躍した画家・雪村。
彼の描く人物画や山水画は伝統的な様式をはみ出して、破天荒でドラマティックなものが多く、「奇想」の端緒を担ったと考えられます。
雪村の主要作品約80件と、後代の作家の関連作品約30件が展示されます。
岡田美術館
「歌麿大作 深川の雪と吉原の花 138年ぶりの夢の再会」
会期:平成29年7月28日(金)〜10月29日(日)
    9:00-17:00(16:30)
会場:佐野美術館
  神奈川県足柄下郡箱根町小湧谷493-1 TEL 0460-87-3931
詳細は岡田美術館ウェブサイトをご覧下さい

喜多川歌麿による「雪月花」三部作、すなわち「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」は、歌麿の最高傑作と名高い大画面の肉筆画です。
「深川の雪」は岡田美術館、「品川の月」はワシントンのフリーア美術館、吉原の花jは「ワズワース美術館に収蔵されて収蔵されており、今回は「深川の雪」と「吉原の花」が138年ぶりに同時に展示されます。
佐野美術館
「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」
会期:平成29年7月8日(土)〜9月3日(日)
    10:00-17:00(16:30)
会場:佐野美術館
  静岡県三島市中田町1-43 TEL 055-975-7278
詳細は佐野美術館ウェブサイトをご覧下さい

彗星のごとく登場し、名だたる絵本賞を総なめにしている話題の作家・ミロコマチコの初の大規模展です。
最新作を含む絵本の原画をはじめ、絵画・立体作品など約150点が公開されます。
平塚市美術館
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展 絵本の50年 これまでとこれから」
会期:平成29年7月8日(土)〜8月27日(日)
    9:30-17:00(16:00)
会場:平塚市美術館
  神奈川県平塚市西八幡1-3-3 TEL 0463-35-2111
詳細は平塚市美術館ウェブサイトをご覧下さい

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」。
1967年に第1回展が開催され、そののち世界最大規模の絵本原画コンクールとなりました。
日本の絵本の歴史50年を振り返ると共に、2015年の受賞作品・日本からのノミネート作品が紹介されます。
平塚市美術館
「山の絵 夏の所蔵品展」
会期:平成29年7月1日(土)〜9月10日(日)
    9:30-17:00(16:00)
会場:平塚市美術館
  神奈川県平塚市西八幡1-3-3 TEL 0463-35-2111
詳細は平塚市美術館ウェブサイトをご覧下さい

2016年に制定された「山の日」を記念し、所蔵品による明治から現代までの山を描いた作品展が開催されます。
横山大観の《不盡之高嶺》等が公開される予定です。
大田区立龍子記念館
「絵画への意志−『新規収蔵品からの展望−」
会期:平成29年6月23日(金)〜10月15日(日)
    9:00-16:30(16:00)
会場:大田区立龍子記念館
  東京都大田区中央4-2-1 TEL 03-3772-0680
詳細は大田区立龍子記念館ウェブサイトをご覧下さい

今年没後50年を迎える川端龍子。龍子記念館の活動の「現在」に焦点を当てた展示会です。
新たにコレクションに加わった《大和の國》 《賭博者》、修復作業の際に本紙の裏面から発見された《寒泳》の下図など、同館初出品作もご覧頂けます。
大岡信ことば館
「新海誠展−『ほしのこえ』から『君の名は。』まで−」
会期:平成29年6月3日(土)〜8月27日(日)
    10:00-18:00(17:30)
会場:大岡信ことば館
  静岡県三島市文教町1-9-11 TEL 055-976-9160
詳細は新海誠展ウェブサイトをご覧下さい

大ヒット映画「君の名は。」で知られるアニメーション監督・新海誠の展示会です。
2002年に短編「ほしのこえ」でデビューしてから15年間の軌跡が絵コンテや作画、設定資料などでご覧頂けます。
泉鏡花記念館
「1907−明治40年の鏡花−」
会期:平成29年5月26日(金)〜9月24日(日)
    9:30-17:00(16:30)
会場:泉鏡花記念館
  石川県金沢市下新町2-3 TEL 076-222-1025
詳細は泉鏡花記念館ウェブサイトをご覧下さい

今から丁度100年前の大正6(1917)年と、その前後10年である明治40(1907)年・昭和2(1927)年の鏡花にそれぞれスポットを当てた三期連続企画です。
第一弾は明治40年。
この年1月から自己の恋愛をモチーフとした「婦系図」を連載、他の追随を許さないロマンと幻想の世界を描いた鏡花に迫る展示です。
新井旅館 トップへ