現在開催中のイベント
沐芳コレクション 作品展
「あらゐ所蔵展」

会期:平成30年4月12日(木)〜
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
安田靫彦の小品「巣父(そうほ)」や、当館三代目館主に送られた大正10年の書簡を公開します。
書簡は春の喜びに溢れた内容で、良寛風の流麗な書体と共に靫彦の細やかな感性をご堪能頂けます。
新井旅館登録文化財ガイドツアー
詳細はこちら
日時:毎日10:00〜、16:00〜
料金:1,500円(ドリンク付)  
ご宿泊の方は500円(ドリンクなし)
伊豆修善寺温泉の新井旅館は、平成10年に建物の歴史的価値が公に認められ、15棟が国の有形登録文化財になりました。
文化財になった建物を、文人墨客のエピソードを交えながらガイドがご案内致します。
「銀座金澤翔子美術館 修善寺」
日時:11:00-15:00 木曜休館
会場:新井旅館 離れ「山陽荘」
料金:大人600円 小学生300円

若き女流書家・金澤翔子の展示会です。
横山大観のための居室兼アトリエとして建てられた離れ「山陽荘(登録有形文化財)」に会場を移し、引き続き金澤翔子の世界をご覧頂いています。



終了したイベント
沐芳コレクション 作品展
「あらゐの正月展」

会期:平成29年12月27日(水)〜平成30年4月11日(水)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
高濱虚子の俳句「東山静に羽子の舞ひ落ぬ」のほか、お正月にふさわしいおめでたい題材の作品を選んで展示しました。
福島力写真展「粧(よそお)う 〜歌舞伎役者のメタモルフォーゼ〜
詳細はこちら
会期:平成29年4月1日(土)〜平成30年1月28日(日)
会場:新井旅館 離れ「紅葉」
※金澤翔子美術館の併設展
歌舞伎役者を15年に渡って撮り続けている写真家・福島力の手による、舞台登場前の役者の姿を収めた写真展。
4人の人気役者たちが変貌する過程をご覧頂きました。
新井旅館にゆかりの歌舞伎役者・初代中村吉右衛門の書や書簡も併せて公開しました。
お正月恒例 餅つき大会
会期:平成30年1月1日(月)〜1月3日(水)
    9:45-11:00頃
会場:新井旅館 正面玄関
対象:新井旅館ご宿泊の方

恒例の餅つき大会を今年も開催しました。
つき上がったお餅はその場でお客様に振る舞われました。
沐芳コレクション 作品展
「あらゐ所蔵展」

会期:平成29年10月12日(木)〜12月26日(火)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
安田靫彦・前田青邨らの日本画や、横山大観の墨跡2点を公開しました。
沐芳コレクション 作品展
「三秋をえがく」

会期:平成29年8月7日(月)〜10月11日(水)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
秋の訪れを感じさせる俳句や日本画を選んで公開しました。
「秋季弘法祭/花火大会」
日時:平成29年8月21日(月) 20:15-
会場:修善寺温泉街
毎年恒例・修善寺温泉で最も大きなお祭りです。所狭しと夜店が並び、夜には花火がご覧頂けます。
間近で上がる花火は迫力満点!
ご宿泊の方のために玄関に椅子席をご用意しました。
沐芳コレクション 作品展
「青山をゆく」

会期:平成29年5月11日(木)〜8月6日(日)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
新井旅館に遺された作品の中から、山、殊に夏山をモチーフとした作品を選んで公開しました。
横山大観の小品「霊峰不二」と、当館館主へ宛てたはがき2通も併せてご覧頂きました。
沐芳コレクション 作品展
「春を告げる花々」

会期:平成29年2月2日(金)〜5月10日(水)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
新井旅館に遺された作品の中から、梅や桃、桜など、春らしい花々を描いた日本画を選びました。
梅の花を愛したという安田靫彦の手による白梅と、その35年後に描かれた紅梅を併せて公開しました。
沐芳コレクション 作品展
「日本美術院同人合作 特別公開」

会期:平成28年12月15日(木)〜平成29年2月1日(木)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
昭和5年1月15日に新井旅館の大宴会場で描かれた席上画「日本美術院同人合作」を特別展示致しました。
横山大観を始めとする錚々たるメンバーによる寄せ書きです。
お正月恒例 餅つき大会
会期:平成29年1月1日(日)〜1月3日(火)
    9:45-11:00頃
会場:新井旅館 正面玄関
対象:新井旅館ご宿泊の方

恒例の餅つき大会を今年も開催しました。
つき上がったお餅はその場でお客様に振る舞われました。
沐芳コレクション 作品展
「館蔵品展」

会期:平成28年10月21日(金)〜12月14日(水)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
前田青邨や長野草風による秋を思わせる作品をメインに、横山大観から新井旅館館主に送られた昭和4年秋の書簡などを展示しました。
沐芳コレクション 作品展
「大観・靫彦・龍子らとあらゐ」

会期:平成28年6月17日(金)〜10月20日(木)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
静岡市美術館において、6月7日から7月10日にかけて開催された日本画展「大観・靫彦・龍子らと修善寺」に合わせて、当館のコレクションの中から関連作家の作品を公開しました。
沐芳コレクション 作品展
「あらゐゆかりの現代作家展」

会期:平成28年3月20日(土)〜6月16日(木)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
大谷まや(日本画)・大井碧水(書)・柿沼なほみ(日本画)など、かつて新井旅館で展示会を行った現代作家の作品を展示しました。
沐芳コレクション 作品展
「あらゐのお正月展」

会期:平成27年12月10日(木)〜平成28年3月19日(金)
会場:新井旅館 書画展示場
対象:新井旅館ご宿泊・昼食ご利用の方/文化財ガイドツアーご参加の方
申年にちなみ、安田靫彦が描いた「猿」の画を3点公開するなど、所蔵品の中から新春に相応しい作品を選んで公開しました。
また、高濱虚子と尾崎紅葉の俳句も併せて展示しました。
お正月恒例 餅つき大会
会期:平成28年1月1日(金)〜1月3日(日)
    9:30-11:00頃
会場:新井旅館 正面玄関
対象:新井旅館ご宿泊の方
恒例の餅つき大会を今年も開催しました。
つき上がったお餅はその場でお客様に振る舞われました。
平成27年以前のイベントはこちら





当館おすすめの展示会情報

 近隣の美術館や当館ゆかりの作家の展示会をご紹介します。

泉鏡花記念館
「1927−昭和2年の鏡花−」
会期:平成29年12月9日(土)〜平成30年5月13日(日)
    9:30-17:00(16:30)
会場:泉鏡花記念館
  石川県金沢市下新町2-3 TEL 076-222-1025
詳細は泉鏡花記念館ウェブサイトをご覧下さい

今から丁度100年前の大正6(1917)年と、その前後10年である明治40(1907)年・昭和2(1927)年の鏡花にそれぞれスポットを当てた三期連続企画です。
第三弾は昭和2年。
これまで明治・大正・昭和の三時代を生きた鏡花がたどり着いた境地を探ります。
IZU PHOTO MUSEUM
「永遠に、そしてふたたび Forever (and again)」
会期:平成30年1月14日(日)〜7月6日(金)
    1月 10:00-16:30(16:00) 2・3月 10:00-17:00(16:30) 4-7月 10:00-18:00(17:30)
会場:IZU PHOTO MUSEUM
  静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1 TEL 055-989-8783
詳細はIZU PHOTO MUSEUMウェブサイトをご覧下さい

所蔵作品を中心に、横溝静、野口里佳、川内倫子、長島有里枝、テリ・ワイフェンバックの5名の現代作家による作品が展示されます。
千葉市美術館
「百花繚乱列島−江戸諸国絵師めぐり−」
会期:平成30年4月6日(金)〜5月20日(日)
    10:00-18:00(17:30)
会場:千葉市美術館
  千葉県千葉市中央区中央3-10-8 TEL 043-221-2311
詳細は千葉市美術館ウェブサイトをご覧下さい

江戸時代中後期にはご当地絵師とも呼ぶべき個性的な画人が多数輩出しました。
北海道から長崎まで、各地から大集結した 実力派絵師たちの作品、さらに上方や長崎で制作されたご当地の版画作品まで、約190点が一堂に会します。
岡田美術館
「田中一村の絵画−奄美を愛した孤高の画家−」
会期:平成30年4月6日(金)〜9月24日(月)
    9:00-17:00(16:30)
会場:岡田美術館
  神奈川県足柄下郡箱根町小湧谷493-1 TEL 0460-87-3931
詳細は岡田美術館ウェブサイトをご覧下さい

田中一村は50歳で奄美大島へ移住し、亡くなるまでの20年間、亜熱帯の生きものを写し描いて独自の画境を拓きました。
一村の生誕110年を記念し、関連作品とともに一村の世界を辿ります。
佐野美術館
「鏨(たがね)の華 −光村コレクションの刀装具−」
会期:平成30年4月7日(土)〜5月20日(日)
    10:00-17:00(16:30)
会場:佐野美術館
  静岡県三島市中田町1-43 TEL 055-975-7278
詳細は佐野美術館ウェブサイトをご覧下さい

刀装具は、おとぎ話・花鳥風月・鬼や妖怪など様々なモチーフが細緻に表現されています。
明治時代の実業家・光村利藻(みつむらとしも)による刀装具の名品が展示されます。
上原美術館
「美を旅する−静岡県立美術館のコレクションとともに−」
会期:平成30年4月14日(土)〜5月20日(日)
    9:00-17:00(16:30)
会場:上原美術館
  静岡県下田市宇土金341 TEL 0558-28-1228
詳細は上原美術館ウェブサイトをご覧下さい

伊豆・下田の風景を描いた牛島憲之の《雨明かる》からはじまり、ルノワール・ピサロ・ゴーギャン・ゴッホらが描いた様々な作品が展示されます。
ジャンルを超えた美の世界への旅がお楽しみ頂けます。
平塚市美術館
「21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 アンディ・ウォーホルから奈良美智まで」
会期:平成30年4月21日(土)〜6月17日(日)
    9:30-17:00(16:00)
会場:平塚市美術館
  神奈川県平塚市西八幡1-3-3 TEL 0463-35-2111
詳細は平塚市美術館ウェブサイトをご覧下さい

タグチ・アートコレクションは、実業家の田口弘氏が収集した国内有数の現代美術コレクションです。
400点を超える作品の中から2000年代に制作された作品を中心に、現代の美術作品が紹介されます。
平塚市美術館
「岡村桂三郎展 −異境へ−」
会期:平成30年4月21日(土)〜6月24日(日)
    9:30-17:00(16:00)
会場:平塚市美術館
  神奈川県平塚市西八幡1-3-3 TEL 0463-35-2111
詳細は平塚市美術館ウェブサイトをご覧下さい

岡村桂三郎は20代で山種美術館賞優秀賞を受賞するなど、早くから頭角を現し注目されてきた作家です。
バーナーで焦がした巨大な杉板に方解末を塗り重ね、木炭でモチーフの形をとり、その中をスクレーパーで削ってうろこ状にするという手法により、独特の造形を生み出しています。
旧作・近作を含む約30点が紹介されます。
大田区立龍子記念館
「名作展 ベストセレクション 龍子記念館の逸品」
会期:平成30年4月28日(土)〜8月26日(日)
    9:00-16:30(16:00)
会場:大田区立龍子記念館
  東京都大田区中央4-2-1 TEL 03-3772-0680
詳細は大田区立龍子記念館ウェブサイトをご覧下さい

昨年没後50年を迎え、注目が高まっている川端龍子。
龍子自身が画中に登場する《虎の間》や、故郷の熊野川を描いた《筏流し》など、大作を含む代表作が公開されます。
新井旅館 トップへ